別海町バスケットボール少年団

2010年11月07日(日)

負けること [無駄話]

昔、野球をやっていました。もちろん高校野球とか大学1部リーグとかそういうレベルではありません。でも、楽しみながらも割と真剣にやっていました。
全道大会予選を勝ち上がり決勝の試合。9回裏ツーアウトであと1人抑えれば全道大会出場!っていう場面。キャッチャーだったオレ。ブンブン振り回す打者を迎えたので、ピッチャーに変化球を要求しました。2球続けて投げ、どちらも空振りです。明らかに変化球が打てないバッターでした。最後の勝負球。変化球でいいんです。でも、オレもチームの皆も、味方ピッチャーの直球が大好きでした。そのピッチャーの直球で勝ち上がってきたんです。だから、変化球で打ち取れるとわかっていても最後の勝負球は迷いなく直球のサインを出しました。ピッチャーも嬉しそうに頷いてくれました。でも…渾身の直球は見事に弾き返され、柵を越えて行きました。結果はホームラン。サヨナラ負けしたんです。でも、全然悔しくなかったんです。ピッチャーもオレも、そして、チームの皆もニコニコ笑って「バックリ打たれたなぁ!」って喜んでいました。ホームラン打たれて負けたのに、身震いするほど「チーム」を感じた瞬間でした。今でも時々思います。あの時、変化球を要求し試合に勝っていても、勝ったという事実だけが残って、きっといい思い出にはならなかったと思います。
スポーツをやっている以上、負けることは必ず訪れます。何もしないまま、ただダメだぁと感じながら負けるのか…信ずべきものを信じ勝負をして負けるのか…。同じ負けにも色んな負けがあります。団員の皆にも、負けが訪れる時が来るならば、納得のできる負け方をして欲しいと思います。
プロ野球日本シリーズ。中日の谷繁と浅尾のバッテリーは渾身のストレートを打たれて負けました。今日、彼らにとっては、どんな負けだったんでしょうか。そんなことを考えながら今夜も美味しく大人の時間を嗜んでいる事務局でした。

Posted by 事務局 at 23時16分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 2 )

コメント

水陸少指導者さん。
いつもお世話になっております。
またゴキゲンになってわけわからんことを綴ってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます(笑)
うまく言えませんが…自分に納得できる勝負ができればいいですね。

事務局 2010年11月08日 20時50分 [削除]

久しぶりのコメです。
よくバスケットでは、「勝つ」ための練習ではなく、「負けない」練習がある。ということを聞きます。
ちょっと「深イイ話」ですけど・・・笑
個人競技派な僕には無理ですけど、チームスポーツっていいですよね!
爽やかな内容にちょっと心洗われた気がします。笑

水陸少指導者 2010年11月08日 19時37分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://betsukai.net/blog/bascket/tb.php?ID=136

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

11

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
訪問者数

検索


最近の記事

最近のコメント

RSSリーダ

RSS1.0
powered by a-blog
(C)2010 Betsukai Town All Right Reserved.